キリンは仮想通貨のことが気になるようです

初心者の方から有識者まで簡単に分かる仮想通貨の情報を記事にしていきます。

【仮想通貨】NEO(ネオ)は2018年の有望銘柄!これから買う時の注意は!?

f:id:CG_Lefty:20180116114435p:plain

現状、ほとんどのアルトコインが下落している中、

仮想通貨「NEO(ネオ)」 f:id:CG_Lefty:20180116114806j:plain は順調に高騰しています。

ちなみにこんなニュースも。

jp.cointelegraph.com

 

NEOは今後も安定して伸びていく可能性の高い有望な銘柄なので、現状と今後についてまとめたいと思います。

 

 

そもそも仮想通貨「NEO」とは?

簡単にいうと「中国版イーサリアム」です。イーサリウムと同じく「スマートコントラクト」を搭載しています。

イーサリアムについては、以下の記事をご参照ください。

bitcoin-entrance.hatenablog.com

NEOの良い点

イーサリアムだと独自のプログラミング言語を使用する必要がありますが、NEOはメジャーなプログラミング言語JavaC#機械学習で一躍有名になったPython」などで開発できるので、NEOを利用した開発のほうが効率よく進むでしょう。

NEOの悪い点

「NEO協議会が全体(1億NEO)のうちの50%のNEOを管理していること」が気になる点ですかね。リップルのように中央主権型特有のリスクがあります。

中央主権型特有のリスクについては、こちらのリップルの記事をご参照ください。

あとは、中国発の仮想通貨のため、中国の仮想通貨規制への影響を受けます。昨年9月の中国のICO全面規制でも影響を受け、当時価格を下げました。

今後の中国の仮想通貨への対応は、引き続き注目しておいたほうがいいですね。

現在のチャートは?

直近90日のチャートがこちらです。安定して上昇していますね。

f:id:CG_Lefty:20180116115054p:plain

また、以下は1週間のみのチャートです。特に直近の伸びが凄いです。

f:id:CG_Lefty:20180116120223p:plain

 

なんでここにきて一気に伸びてるの?

1月に入って特に目立ったイベントがあったわけではないので、憶測になってしまいますが、イーサリアムと比べ、NEOの優位性が徐々に認知されるようになってきた」というのが理由だと考えています。

事実、これまでNEOはさまざまなミートアップ・カンファレンスを頻繁に行っています。2017年12月に行われたイベントだけでもこんなにあります。

f:id:CG_Lefty:20180116121255p:plain

<公式サイトより>

 

技術的優位を開発者・興味のある人に宣伝する場をたくさん設けることで、地道・確実に価値を上げているのだと思います。

 

直近の大きなイベントは?

1月26日    :Blockchain Conference(アメリカ)

1月30日~31日:Developer Conference(シリコンバレー

f:id:CG_Lefty:20180116122153p:plain

特にシリコンバレーでのイベントが注目されているようです。

公式サイトにカウントダウン専用サイトまで用意されています。

いつ購入するのがいい?

長期保有目的であれば、今のうちに購入が吉だと思います。これまでどおり、安定して上昇していくことが見込まれます。

短期目的だと、難易度があがりますが、少しでも下がったところで購入して上がった時に売り、という作戦になると思います。あまり利益は出ないような気がするので、オススメはしませんが…

 

どこで買える?

オススメは手数料の安いBinanceです。最近、Binance新規登録が限定開放され始めたので、以下の記事を元に今なら登録できるかもしれません。まだの方はぜひ!

bitcoin-entrance.hatenablog.com

 

Binance以外だと、KucoinHitBTCがオススメです。

 

最後に

リスクに注意しておけば、イーサリアムよりも技術的な優位点があるので、今後さらに知名度が上がってくれば、大化けする可能性を秘めた通貨だと思います。

皆さんの通貨購入の参考になればと思います。

 

最後に、どちらもクリックしてもらえると嬉しいです。


仮想通貨ランキング

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村