キリンは仮想通貨のことが気になるようです

初心者の方から有識者まで簡単に分かる仮想通貨の情報を記事にしていきます。

【緊急ニュース】Coincheck(コインチェック)の仮想通貨NEM不正送金に対する補償方針が決定

f:id:CG_Lefty:20180128005747p:plain

速報です!

Coincheck(コインチェック)から正式な補償方針が決定されました。

corporate.coincheck.com

 

ここでは要点だけをまとめます。

 

 

正確には、いくら不正送金された?

合計「5億2300万XEMです。

Coincheck(コインチェック)の被害者の人数は?

約26万人です。

大事な「補償方法」と「金額」は?

NEM保有者全員に「日本円でコインチェックウォレットに返金する」とのこと。ココ重要です。仮想通貨NEMでは返金されません。

結論を先にいうと、補償金額は『88.549円×XEM保有枚数』になるとのことです。

この対応方法には「NEMのまま返して欲しかった」という声も。

NEMから日本円の換算方法」はどのように決めた?

NEMの取扱高が国内外含め最も多い、仮想通貨取引所ZaifXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時まで(2018/01/26 12:09 〜2018/01/27 23:00 )の加重平均の価格で決めた、と。

ざっくりいうと、ZaifNEM価格を、参考に今回の騒動の間の加重平均の価格で決めたよ」って感じかな。

補償時期・手続き方法は?

これは、現在検討中とのこと。

この補償金はどこから捻出された?

「返金原資については自己資金より実施する」とあります。

これには驚きの声も。

 

Twitter界隈では、全体の雰囲気としては「よくぞやってくれた」という反応です。

 

今後の取引所のあり方について

ただ、以下のツイートにあるとおり、根本原因が解決されたわけではありません。

 

個人レベルで防衛するには、取引所に置きっぱなしにせず、個人のウォレットで管理するなどが現実的に実施できる策です。

ですが、今回の争点はそこではなく、そもそもセキュリティが甘い取引所ってどうなの?ということです。

今後のCoincheckのセキュリティ対応方法にも注意していく必要があります。

最後に、どちらもクリックしてもらえると執筆の励みになります!


仮想通貨ランキング

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村